初めてネットオークションで中古リールを購入した感想と注意点

マサ
今回ルアー釣りで使うスピニングリールを持っていないので買うことにしました。予算は1万5千円ほどで探します。

1万円以内のスピニングリールでも十分なのですが釣り経験ゼロではない私としてはこだわりみたいなものがあって「多少でも形から入りたい・・・」という思いがあり、それでも「予算と相談しないと・・・」と考えていると中古釣り具の存在を思い出しました。

某大手中古釣り具店での購入も考えましたが、今はネットが苦手な人でも色々なことが簡単にできる時代です。オークションやフリマアプリで個人と直接やり取りしたほうが安く調達できるし、良さそうなら今後も利用しようと思ったので今回はヤフオクを利用してみました。

検索してみると意外なことに

まず今回の欲しいスピニングリールの条件として以下で決めました。

  • 予算1万5千円以内
  • 3000番以上のスピニングリール
  • メーカー中級モデル以上のスピニングリール

シーバス釣りでは3000番以上のリールを使うことが多いようなので3000番を狙います。

中級モデル以上を狙う理由は私の仮説ですが、新品価格が2万円以上するので大事に使っている人が多いだろうという理由です。

実際に私も高いお金を出して買ったリールは特に大事に使ってますからね。

ある程度条件が決まったら今回利用した「ヤフオク」の検索で商品を絞ります。

検索条件にスピニングリールと入力し、「中古と個人」の項目にチェックを入れて検索しました。

中古と個人にチェックをした理由は、店などの業者から買うのではなく個人から安く良い物を買うためです。

安く買いたいのに業者から買ったらオークション利用する意味がなくなってしまいますからね。

検索にヒットしたリストを見てみるとシマノ、ダイワの人気リールはほぼ落札が入っている状態だったの予想外でけっこうびっくりしました。

もう少し余裕で選べると思ってました・・・

シマノ製のリールは特に人気で、ステラやツインパワーは、新品価格の50%以上の価格で入札がほとんどで、これ新品買ったほうがよろしいんじゃ?と思ってしまう入札額もあります。

なぜこんなにたくさんの落札が入っているのか不思議なので調べてみたら、普通に国内で人気という事もありますが、海外の通販サイトやオークションで中古釣り具として転売している方たちがいるようで、そのため競争倍率が上がって価格も上がってるみたいです。

海外では様々なジャンルでmade in Japanが人気でシマノ、ダイワのリールは高性能という事で海外でも人気のようで、高くても売れてしまうぐらいのようです。

予想ですが、国内の中古釣り具買い取り業者も参入してると思います。

 

この辺りで激戦の匂いがプンプンしました(汗)

 

「だが諦めません!」

気になったのでフリマアプリのメルカリでもスピニングリールで検索してみるとたくさん出てきます。

やはり人気のシマノ、ダイワ製リールは早い段階で売れてとても活況なようで、特にルアー系は人気のようです。

これほど活況だと釣りが人気だからと思い嬉しくなりましたが、それと同時に人気があるという事は中古とはいえ値段も上がりやすいという事なのでこれまた複雑な気持ちですね。

つまりライバルが多いということです!

予算1万5千円以内なので厳しい戦いになると覚悟して出品されているスピニングリールを探しました。

画像で状態を見るときの注意点

検索して数品良さそうなリールを絞ったので後は出品者が載せている商品画像を見て判断しなければいけません。

ここが状態の良い物を手に入れるうえで一番大事なポイントですね。

釣りを経験している方は分かるかと思いますが、実釣で使っていると準備する時などで地面に置いたりします。

その時地面に擦れるところがあり、その傷の状態が悪いと実釣の時に影響が出るのでしっかり見極める必要があります。

画像で見るポイントチェック

画像での判断は商品状態を出来るだけ把握するための要チェックポイントになります。

マサ
実際にリール使っていると傷付くところが分かるのでその部分を重点的に見ました。

まず①はスプールエッジの部分でここに大きな傷があるとルアーを投げるときラインが引っかかり飛距離に影響が出てきます。

②はローターといわれる部品でここも傷が付きやすい所なのでしっかり見た方がいいです。

③はギアボックス部でもろに地面に当たる部分なので一番傷が付きやすい所です。

④、⑤は意外と傷付く部分で、ハンドルが削れ過ぎて無いかをしっかり見た方がいいです。

私がウキふかせ釣りで使っているリールもこの①~⑤の部分に傷があるので押さえるポイントは間違いないかと思います。

その他に回転する部分でラインを受けるローラー部やハンドルの回転部の調子も質問で聞いた方が良いです。

ある程度は中古品なので妥協しなければいけないのでしっかり見て最大限に中古品を買うメリットを引き出しましょう。

質問欄で商品の状態を聞いてみる

画像で見れない所や、画像では分からない所を知りたい時は質問することができるので出来るだけ詳しく聞くようにする方が良いです。

例えば「メンテナンスはされてますか?」、「滑らかに回りますか?」、「海で使用した後は真水で洗ってますか?」など聞くと良いでしょう。これだけの質問でも大事に使用しているか分かると思います。

実際にオークションで落札した中古リールはどんな感じ?

今回落札したリールは『シマノ エクスセンス CI4』のC3000Mというモデルのスピニングリールで、シマノの中級モデルにあたるスピニングリールです。

なんと落札価格は1万円+送料で買うことができましたので新品相場の半額以下で手にれることができたのでめちゃラッキーでした。

このリールの中古平均相場を調べてみると数千円ほど高い価格だったので今回はタイミングが良かったのかなと思います。

今回は安く買えましたが、やはりオークションなので落札価格はその時の欲しい人の数で変わるで予算をしっかり決めて深追いしないことが大事かと思います。

競争心に火がついてしまった場合あとで焦ることになりますからね。

気になる発送方法は、落札した商品は定形外で発送を希望したので茶封筒に入って来ましたが、リールはしっかり包装されていたので届いたときの状態は問題無かったです。

定形外では心配という方は送料が少し高くなりますが、ゆうパックや宅急便で発送してもらう方が良いでしょう。

初めて中古釣り具を買ったという事でドキドキしながら包装を剥がしましたが、大きな傷も無くとても状態の良いリールだったので安心しました。

確信はありませんがやはり高い物は大事に使うという仮説は”あるある”のようです。

まとめ

今回初めてオークションで中古釣り具を買いましたが今のところの判断としては”アリかと思います。やっぱり元々高い釣り具を安く買えるのは魅力的ですからね。

購入を失敗しないように少し面倒ですが買う前に載せている画像をしっかり見て、画像で見えない部分や画像では分からないことは質問して聞くことでより現物に近い状態を把握することができます。

私は最初少し中古というのに抵抗がありましたが実際に購入してみて、安く買えるというメリットを大きく感じました。

低予算だけど中級モデル以上が欲しい方や、他の人が使った物だけど気にならない方には中古リールはおススメです。







スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です