フグ天国!南知多の師崎保育園前テトラ帯でチヌを狙う

釣行データ

日時 天気
9月8、9日

8日中潮

9日中潮

8日晴れ

9日晴れ

8日朝やや強く、昼から強風

9日弱風

どうもです!チヌハンターマサです。

すみません!!どうしてもチヌが釣りたかったのでまたまたチヌ狙いのレポになります。

今回は2日続けて南知多の師崎にある師崎保育園前のテトラ帯でウキふかせ釣り、ダンゴ釣り(紀州釣り)でチヌを狙いに行ってきました。

なぜ2日続けて同じ釣り場に行ったかというと、それは1日目はウキふかせ釣りでフグとボラの洗礼を受けてチヌボウズでチクショー!となったのでリベンジと意気込み2日目はダンゴ釣りで挑みました。

南知多はフグ天国ということを忘れていた・・・

1日目はウキふかせ釣りでチヌを狙いました。満潮時間は朝7時ごろ。

保育園前のテトラ帯は何年か前に来た覚えがありましたが、棚などの釣り場の状態は忘れてしまってました。

朝5時ごろに着き、久しぶりに見た釣り場の雰囲気は、

マサ
あれ!?こんないい感じの釣り場だったっけ?

と思うぐらいの雰囲気でめちゃ釣れそうな感じでやる気満々で挑みました。

使用したタックル

  • 竿 シマノ 鱗海エランサGP 0.6-530
  • リール シマノ デスピナ 2500DXG
  • ウキ 釣研 ゼクト G3
  • 道糸 東レ ブラックマスターエクストラ 1.75号
  • ハリス クレハ シーガーグランドマックスFX 1.2号 2ヒロ
  • 釣り針 オーナーばり チヌ針3号

マキエとエサ

  • マルキュー 爆寄せチヌ 1袋
  • マルキュー 湾チヌスペシャル 1袋
  • スライスタイプのオキアミ 2kg
  • エサはオキアミ、練り餌、コーン

1日目は5時半ごろから釣り開始で、釣り座はこの辺りにしました。

まずマキエを打つと水面がポコポコとしていました。おそらくフグかアジかと思いますが、まさかの1投目でエサ取りが寄るという高活性ぶりでした。

棚合わせから始めるとこの日は満潮時で約5mほどと予想よりも水深があったので底付近でウキ下を合わせました。

最初はオキアミで1投目の仕掛けを投げるとウキにあたりが出ずオキアミだけ取られます。

しばらくオキアミで攻めると初めて釣れた魚はアジで、オキアミを付けるとアジしか釣れない状況でした。

アジを回避するためコーンを使うと、ウキにゆーっくりとしたあたりが出たので合わせると・・・

師崎名物の20cmぐらいの茶色いデカいフグです。てかフグもコーン食べるんですね。

そしてここからフグ天国の開幕で、このフグたちはハリスをガジガジと噛んで釣り針ごと奪っていきます。この日は釣り針を10個、ハリス交換を3回もしました・・・

そしてなんと頼みの練り餌でやってもフグに釣り針ごと持っていかれます。

こんな感じの状況が続き、もう9時ごろになってしまったのでかなり戦意喪失の状態になってました。

しかしこの時間ぐらいからさっきまであまりなかった流れが右から左に流れが強くなりました。いわゆる潮が動くというやつです。

そしてマキエを撒くとボラらしき大群が見えてきました。

マサ
おっ!ボラが寄ってきたということは・・・

ということはチヌチャンス到来なので気合を入れなおして釣ります。

潮の流れが強くなると同時にウキへのあたりが頻繁に出るようになりました。

何投目かのコーンのエサで強い引きの魚を掛けます。

何度かレバーブレーキで糸を出したのでフグとアジでは無いと確信してやり取りをしているとフワッとなります。

ハリス切れです。しかも障害物に擦れた感じは無かったのでおそらくその前にフグにハリスをやられていたのかと思います。

フグ天国では1投ごとにハリスのチェックが必要不可欠なようなのでお気を付けください。

その後も魚を見るところまで上げられなかったので何の魚か分かりませんが、3回ほど強い引きの魚をばらします。予想ではボラ、アイゴ、チヌかと思いますがコーンで掛けた強い引きはチヌの可能性がありました。

1日目は11時ごろにエサが切れたので納竿にしました。

マサ
このままじゃ終われん!!

かなり悔しい結果になってしまったので、予定にはしてなかったですが土曜日にも同じ場所でリベンジをすることにしました。

2日目はエサ取りを回避するためダンゴ釣りでチヌを狙います

リベンジの2日目はフグとアジを出来るだけ回避するためダンゴ釣り(紀州釣り)で釣ることにしました。

この日はたくさん釣り人の方たちがいましたが、ラッキーなことに前日と同じ釣り座が空いていたのでここで釣ることにしました。

この釣り座は前日に自分で撒きましたが、マキエを撒いた痕跡があるところはチヌだけでなく、たくさん魚が釣れる可能性が高くなるので釣り座選びに迷ったときはマキエの痕跡を見つけてその近くで釣るのがおすすめです。

使用したタックル

  • 竿 シマノ 鱗海エランサGP 0.6-530
  • リール シマノ デスピナ 2500DXG
  • ウキ ダイワ ベガスティックタフS B
  • 道糸 東レ ブラックマスターエクストラ 1.75号
  • ハリス クレハ シーガーグランドマックスFX 1.2号 2ヒロ
  • 釣り針 オーナーばり チヌ針3号

ダンゴとエサ

  • マルキュー 紀州マッハ 1袋
  • マルキュー 紀州パワー 1袋
  • エサはオキアミ、さなぎ、コーン(練り餌は忘れてしまいました)

まず丸共釣り具店でダンゴの材料とエサを買ってから6時ごろに保育園前に着きました。(少し寝坊したので前日より遅くなってしまいました・・・)

南知多エリアの釣り具、エサ屋

2017年5月10日

ダンゴの材料とタックルをささっと作って、寄せ用のダンゴにオキアミ、さなぎ、コーンを入れて15~20mのポイントに3個投げ込んでおきます。

棚は満潮付近だったので前日と同じく5mぐらいに合わせてまず釣ってみました。

まずオキアミから始めて最初に釣れた魚は、前日は釣れなかったクサフグでした。

この日はアジは釣れなかったのですがやはりデカい茶色いフグ(調べたらヒガンフグ?)が5匹ぐらい釣れて、あとは8個ほどまたまた釣り針ごと持っていかれます。この2日で何回針を結び直したやら・・・

その後もコーン、さなぎと試してみますがまさかのフグに喰われる始末でした。

もうイメージではすでにチヌを釣ってるはずなのですが、またまたチヌボウズがよぎります・・・

オキアミに変えて50cmほど這わすように棚を合わせてみると、なにかモゾモゾとしたあたりが出たのであわせてみると釣れたのが15cmぐらいのキスでした。

ウキ釣りでキスを釣ったのは初めてだったのでけっこうびっくりしました。ということは20m沖は砂地ということなのであまり根掛かりしない釣り場ということが分かりました。

キスを釣ったあとはオキアミで50オーバーのボラを掛けて、めちゃめちゃ引いたので5分ぐらい格闘することになります。やはり0.6号の柔らかい竿でのボラとのバトルはなかなかスリリングで大変ですがとても楽しくやり取りができます。

そして10時ごろから前日と同じように右から左へとやや強い流れが出てきてチャンスタイムがやってきました。

この流れが出ると同時にやはりウキにあたりが頻繁に出るようになります!

だいぶ水位が下がってきてたので4mぐらいに棚をあわせてなおし、何投目かのときにゆっくりとウキが入っていくあたりが出ます。

このあわせは少し早かったのか乗らずで急いでオキアミを付けて次のダンゴを握って投入します。

またさっきのようなゆっくりとしたあたりが出たので今度はウキがしっかり入るまで待ってから・・・「ブン!!」と竿を上げて合わせると、ググッと竿が曲がります。

強い引きからしてフグでは無いことを確信してやり取りをしていると上がってきた魚が、

2日目でやっとチヌの顔をみることができました。大きさは33cmぐらいのまあまあなボディのチヌです。

このチヌが釣れた時間が10時30分ぐらいでちょうどダンゴの材料がなくなるぐらいだったのでなんとか釣ることができて良かったです。

さすがに2日連続ボウズは相当へこみますからね。

今回何とかチヌを釣りことが出来ましたが、2日で1匹と少し物足りない結果となってしまいました。

ですが今回来た師崎保育園前テトラ帯は実績も高い釣り場で、釣ってみて思ったのですが大物がいてもおかしくないぐらいいい雰囲気の釣り場なのでまたリベンジに来たいと思います。

これから秋にかけて数釣りが期待できる時期になってくるので次は2匹以上のチヌを目標にして頑張りたいと思います。







スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です